クルマのヘッドライトが黄ばんでしまうのはなぜ?

ヘッドライトのレンズの部分が黄ばんでしまっているクルマをときどき見かけることがあると思います。

ひょっとしたら、あなたの愛車にもそのような症状が出ているかも知れません。

ヘッドライトが黄ばんでしまうと見た目が悪いだけではなく、ひどくなると光量不足で車検にも通らなくなってしまいます。

いったいなぜ、ヘッドライトのレンズが黄ばんでしまうのでしょうか?

80年代や90年代のクルマは、ヘッドライトが黄ばむということはありませんでした。

なぜなら、あの当時のヘッドライトのレンズには、ガラスが使われていたからです。

ところが、最近のクルマにはポリカーボネイトという樹脂が使われています。

この、ヘッドライトのレンズがガラスから樹脂に変わったことが、黄ばみを生む原因になっているのです。

ハリネズミを飼う

つぶらな瞳と大きな鼻、トゲトゲの体がユニークなハリネズミ。
びっくりすると体を丸めるなど、感情表現が豊かでとても癒されるペットです。
寿命は5年~10年といわれているので、ハムスターなどと比べるとより長く一緒にいられるペットでもあります。

毎日のお世話としては、「1日1~2回の餌やり」「お水の取り換え」「掃除」「健康状態のチェック」が必要です。
ハリネズミは夜行性なので、活動をしている夜の時間帯にスキンシップをとって、皮膚や歩き方など気になる所はないか確認してみるのがオススメです。

あまり乗らない車は調子が悪くなるって本当?

年式の割にたくさんの距離を走っているクルマは、過走行車として売却時に査定を受けるときに不利な扱いになります。

クルマというのは機械ですから、使えば使うほど劣化をしていくと考えるのが普通だからです。

それなら、走行距離はなるべく少ない方がいいのかというと、必ずしもそうとは言えません。

なぜなら、あまり乗られていなくて年式に対して走行距離が極端に少ないクルマも、調子が悪くなってしまうことが多いからです。

たまにしか乗らなくて走行距離が少ないから、状態の良い車であると考えるのは大きな間違いなのです。

熱帯魚を飼う

種類も多く、繁殖や混泳を楽しむことができる熱帯魚。
優雅に泳ぐ姿は、毎日の一人暮らしの生活に彩りを与えてくれます。
毎日のお世話は、餌をあげることや水温のチェックが必要です。
水質管理がいちばん大切なので、週に1回は水槽の水の3分の1程度を新しい水に変える必要があります。

ハイオク(プレミアム)仕様の車にレギュラーガソリンを入れて走ったらエンジンは壊れるのか?

そもそもガソリンの種類が2種類あるために、ハイオク仕様に乗っている人は損をした気分になってしまうわけです。

なぜ、すべてのガソリンを1種類に統一できないのでしょうか?

実はガソリンが2種類ある理由は、エンジンの高性能化にあるのです。

ガソリンエンジンというのは、ピストンで圧縮した空気とガソリンの混合気にプラグで着火をして、爆発させています。

このとき、混合気の圧縮比を高くすればするほど、パワーが出やすくなります。

それならば、どんどん圧縮比をあげていけば高出力のエンジンが簡単に作れると思うでしょうが、そう単純にはいかないのです。

なぜなら、圧縮比をどんどんあげていくと、ノッキングという現象が発生してしまうからです。

ノッキングというのは混合気の自然発火によって起こる現象で、圧縮された混合気がプラグで着火をする前に勝手に爆発をしてしまうことによって起こります。

ディーゼルエンジンの「カラカラカラ」という音を聞いたことがあると思いますが、あの「カラカラカラ」という音がまさにノッキングを起こしている音なのです。

ディーゼルエンジンにはプラグがなく、高圧縮比によって自然着火させる仕組みになっているので、ノッキング音がするのは当然のことです。

エンジンの圧縮比をあげることで高出力を得やすくなるのですが、その結果としてノッキングが発生しやすくなるという問題が生じるわけです。

ノッキングを起こしてしまうとパワーが出にくくなるばかりか、エンジンに悪い影響をおよぼす可能性があります。

圧縮比を高くしたエンジンがノッキングを起こさないように、オクタン価を高めて製造されたガソリンがハイオクということになります。