車のガラスコーティングを長持ちさせる裏技がある。

フロントラスなど、ガラスコーティングをすると雨の日でも視界良好、掃除の手間も省けて嬉しいのですが、あまり日持ちしないことが玉に瑕ですね。

このガラスのコーティングの日持ちを長くする裏技があるのです。

用意するものは、ガラス用コーティング剤と、ドライヤー。
まず、ガラスにコーティング剤(水はじき剤)を塗ります。塗り終わった後、ガラスにドライヤーで温風をあてると、効果が長持ちするようです。

これは、コーティング剤を塗ると自然乾燥の場合は完全に乾くのに何日か時間がかかるのですが、ドライヤーだと乾燥を早めることができるため、結果的に長持ちするようですよ。

ただし、ご自身で行うときは、ガラス周りの塗装面やゴム部分に過度に温風が当たらないよう、シーリングするなど注意しながら行ってみてくださいね。

リスの種類は?

リスは5亜科58属258種類あり、モモンガやプレーリードックもその仲間です。日本に生息する野生のリスは現在、固有種が3種、外来種が3種の計6種類のうち、ニホンリス・エゾリス・エゾシマリスこの3種が固有種になります。

野生のリスをペットとして飼うには手続きが必要でどの種類も飼える訳ではないのでペットショップで購入しましょう。

電気自動車の電池は日本と海外製品で異なる。

電気自動車と言えば、その車両価格の半分以上が電池代とも言われています。

電池の性能が大きく車の性能に影響するため、各自動車メーカーは電池をどうするかが頭の使いどころなのです。

日本では、電池を作っている電機メーカーと共同開発で、電気自動車専用の電池開発を進めるなど、ハード面からカスタマイズしていこうとしています。
一方、アメリカの有名な電気自動車メーカー、テスラ・ロードスター社は、汎用的な電池をいかに効率的に組み合わせるかのノウハウに力を入れており、PC用などに使われるバッテリーである、18650規格のリチウムイオン電池を6831個も搭載しているそうです。

ハードで戦う日本勢とソフトウェアで優位に立とうとする米国ベンチャー、日本はまたガラパゴスなものを作らないことを祈ります。

リスをペットショップで買うときの値段は?

実際リスはいくらぐらいで購入できるのかといいますと、シマリスの場合は7000円~10000円です。ホワイトシマリスなど希少性が高いものは40000円〜60000円します。
また、あかちゃんの頃に飼うことで環境に早く慣れ、人にも懐くという理由から大人のリスより赤ちゃんリスのほうが高価です。ショップによってはメスとオスで値段が異なる場合もあります。

国産スポーツカーのルーツは戦後からである。

いまでは若者よりもシニアに人気とも言われるスポーツカー。

スポーツカーとは、運転そのものを楽しむ(スポーツドライビング)目的で、運転の性能や高速走行の実現を追求を目的に設計・製造された自動車を指します。

世界で初めてスポーツカーと呼ばれたのは、1915年に製造されたスペインの「イスパノ・スイザ3.5L」と言われています。
その後、数多くの国、メーカーでスポーツカーが開発されたのだそうです。

ところで、日本でスポーツカーが本格的に開発されていったのは1980年代に入ってからだそうです。
その前にもスポーツカー自体は存在していて、戦後から1970年代までに開発された代表的なスポーツカーは、ダットサンスポーツDC-3(フェアレディZの源流)(1952年)、ホンダS600(1964年)、トヨタスポーツ800(通称”ヨタハチ”、「86」の源流)(1965年)などがあるそうです。