ネコの飼い方

そろえておきたいもの

キャリーバッグ
病院に行くときや一緒に外出をするときにはキャリーバッグに入れて移動します。猫の身体の大きさに合ったサイズのキャリーバッグを選んであげましょう。万が一、災害にあった場合でも、避難をする際に必要となるので、ひとつは用意しておきましょう。

また、猫にも性格の違いがあり、人なつこい子もいれば、人見知りな子もいます。人見知りな子は、知らない人に会うことがストレスになるので、自宅に来客があるときは、あらかじめキャリーバッグにいれておいてあげるとよいでしょう。

グルーミング用品
グルーミングは、猫の毛球症や皮膚病予防のために行いたいケアのひとつ。小さな頃からグルーミングに慣れさせておくことが大切なので、まずはブラシやコームを用意して、遊びの中で慣れさせてあげましょう。

爪とぎ
爪とぎには、カーペット、ダンボール、麻、木など、いろいろな種類があるので好みのものを見つけてあげましょう。市販のものを購入してもよいですし、飼い主が手作りしてもよいかもしれません。

おもちゃ
好奇心旺盛で遊び好きの猫は、遊び道具のおもちゃが必需品です。追いかけたり、噛んだり、さまざまな種類のおもちゃが市販されているので、好みのおもちゃをいくつか選んであげましょう。

キャットタワー
また、猫は上下運動を好むので、必要に応じてキャットタワーを用意してあげるのもいいでしょう。ただ、キャットタワーを用意してあげるのは、ある程度高いところに安心して上り下りできるようになってからにしましょう。高いところに登れても、落下する危険性があると思われる時期には、キャットタワーの設置は控えるようにしましょう。