車にまつわる話し

●シーマよりも遥かに売れていたクラウン

爆発的な大ヒットを記録した8代目「クラウン」
 日産は1988年に高級パーソナルセダンの初代「セドリックシーマ/グロリアシーマ」(以下、シーマ)を発売しました。

 当時の日本はバブル景気の真っ只中で、トップグレードで500万円以上と高額ながら、ユーザーの高級志向の流れに乗ってヒットしました。

 シーマに追従するように各メーカーとも次々と高級セダンを発売し、好調なセールスを記録。この状況は社会現象となり、後に「シーマ現象」と呼ばれました。

 一方、トヨタも1989年に初代「セルシオ」を発売しましたが、それに先立って1987年に8代目「クラウン」が登場しています。

 4ドアハードトップには3ナンバー専用のワイドボディがラインナップされ、トップグレードの「ロイヤルサルーンG」は「ソアラ」や「セリカXX」と同じ3リッター直列6気筒DOHCエンジンを搭載する意欲作でした。

 さらに、1989年にはセルシオに先行して4リッターV型8気筒DOHCエンジンを搭載した「4000ロイヤルサルーンG」を追加。1990年には2.5リッター直列6気筒DOHCエンジン搭載車が登場するなど、あらゆるニーズに対応。

 その結果、好景気の追い風もあり、一時期は月間販売台数で「カローラ」を上まわり、高額なモデルでありながらも1988年から1990年の国内販売台数ランキングでカローラ、「マークII」に続いて3位になるほどの人気ぶりでした。

 なかでも1990年は歴代クラウンで最高となる約24万台を販売。初代シーマが初年度で約3万6000台、4年間で約13万台販売したのも驚異的ですが、8代目クラウンは遥か上を行っていました。

 2019年にプリウスが登録車でもっとも売れたモデルですが、12万5587台です。また軽自動車ではホンダ「N-BOX」が25万3500台ですから、いかに8代目クラウンが凄かったかが伺えます。

蝙蝠の被害

被害4.コウモリの侵入による「建物の老朽化」

コウモリの侵入によって建物が老朽化するという被害があります。

アブラコウモリの体長はわずか5㎝程度、羽をたたむことでわずか1㎝~2㎝の隙間からでも家のなかに侵入します。
侵入したコウモリが家のなかで巣をつくることで、糞尿の湿気により屋根裏が腐ったり、天井にシミができたりするなど、家屋への被害も多く出てきます。

結果として、ほかの害虫を呼び寄せてしまうなど、建物の老朽化に拍車をかけてしまうこともあるのです。

ここまで「コウモリの被害」について説明してきました。
では、コウモリが住みつくとどんな被害が起きてしまうのか、実際の被害事例で確認してみましょう。

車にまつわる話し

●スズキの軽商用車は巨匠がデザイン!?

斬新なフォルムにデザインされた「キャリイ」
 現在、スズキの商用車ラインナップは、軽トラックの「キャリイ」と、1BOXタイプの商用バン「エブリイ」に分かれていますが、かつてはキャリイに統合されていました。

 初代は1961年に発売された「スズライト キャリイ」で、ボンネットタイプのトラックとバンとしてデビュー。

 その後、3代目からは車名をキャリイに改められ、ボディも荷台が大きくできるキャブオーバーとなりました。

 そして、1969年に発売された4代目キャリイは、外観のデザインを巨匠ジウジアーロに依頼した異色のモデルです。

 1960年代から活躍していたジョルジェット・ジウジアーロは、イタリア人工業デザイナーで、これまでクルマのみならずカメラや時計などのデザインを手掛けています。

 クルマで代表的な作品は、フォルクスワーゲン初代「ゴルフ」やフィアット初代「パンダ」、国産車では、いすゞ「117クーペ」、トヨタ初代「アリスト」などが挙げられます。

 当時、自らデザイン会社であるイタルデザインを創設しており、4代目キャリイのデザインも同社によっておこなわれました。

 なかでもバンは、フロントウインドウとリアウインドウの傾斜角度がほぼ同じで、横から見るとどちらが前か一見するとわからない斬新なフォルムを採用。

 秀逸なデザインでしたが、バンは限られたサイズのなかで荷室容量を稼ぐことが重要で、この4代目キャリイのデザインでは荷室を大きくできないという問題がありました。

 そのため、わずか3年ほど販売された後に5代目にモデルチェンジされ、オーソドックスなスタイルに戻されてしまいました。

蝙蝠の被害

被害3.コウモリに寄生している「ダニやノミの大量発生」

コウモリによる被害のなかには寄生している「ダニやノミ」の被害もあります。

コウモリに寄生している虫

ダニ
トコジラミ
マダニ
コウモリに寄生しているダニ・ノミは家の柱をつたい、室内に侵入して二次被害を与えます。
ダニやノミなどの寄生虫は夜間に布団に入り、首や手足など肌の露出が多い部分を刺して吸血します。

数日経って腫れやかゆみなどの症状が出ます。
コウモリによる二次被害も深刻な被害のひとつです。

車にまつわる話し

●マツダは軽自動車にもロータリーエンジンを搭載しようとした!

残念ながら軽自動車初のロータリーエンジン搭載車になれなかった「シャンテ」
 1967年にマツダは世界初の量産ロータリーエンジンを搭載した、「コスモ スポーツ」を発売。未来感のある斬新なフォルムに、高性能なロータリーエンジンを組み合わせ、大いに話題となりました。

 その後、マツダはロータリーエンジン搭載車の拡充を開始。1970年代にはスポーツカーだけでなく、さまざまなジャンルの車種にロータリーエンジンを搭載する、フルラインナップ化を進めました。

 たとえば、マイクロバスの「パークウェイロータリー26」、ピックアップトラックの「ロータリーピックアップ」(アメリカ向け)、大型高級セダンの「ロードペーサー」などを開発。

 さらにマツダは、軽自動車の「シャンテ」にもロータリーエンジンを搭載する予定でした。シャンテは1972年発売された、360cc直列2気筒2サイクルエンジンを搭載する軽乗用車で、ファストバックスタイルのスタイリッシュなボディが特徴です。

 このシャンテ用にシングルローターのロータリーエンジンを新たに開発し、試作も完了していましたが、運輸省からの許可が取れず、発売を断念したといいます。

 ちなみに、当時は他メーカーもロータリーエンジンの開発をおこなっており、日産は2代目「サニー」にロータリーエンジンを搭載したプロトタイプを製作。2代目「シルビア」にロータリーエンジン搭載して発売する予定でした。

 しかし、オイルショックや排出ガス規制の強化によってお蔵入りし、ロータリーエンジンの開発も中止しています。