トリミングが必要な犬種とは

トリミングが必要な犬種は、「シングルコート」と呼ばれる種類の犬です。犬は「シングルコート」と「ダブルコート」の犬に分かれます。犬の毛は「上毛」と「下毛」に分かれており、シングルコートとダブルコートではこの上毛と下毛の生え方が異なります。

ダブルコートの犬で代表的なのは、コーギー、柴犬、ポメラニアンなどの犬種です。季節の移り変わりにしたがって下毛が生えたり抜けたりする種類で、毛の生え方を変化させることで体温調整をサポートします。こうした種類の犬の毛は勝手に抜けていくので、トリミングをしなくても問題ありません。

シングルコートの犬で代表的なのは、プードルやシーズー、マルチーズなどです。被毛のうちほとんどが下毛で、上毛も生えてはいますがごくわずかです。シングルコートの犬の下毛は抜けにくいため毛の処理に追われるようなことはほとんどありませんが、代わりに毛が伸び続けてしまうため定期的にトリミングを行い、毛の長さを整えて衛生面を保ち、清潔感のある見た目にしてあげることが必要です。

PETPET様より引用させていただきました。