アルファロメオのエンブレムの由来

社名は、ロンバルダ自動車製造株式会社を意味するALFAと、1915年にこれを買収したニコラ・ロメオの姓を合わせたもの。

エンブレムの赤い十字はミラノ市章、王冠をかぶりムーア人を呑み込む大蛇(のような生き物)は、かつてミラノを収めていたヴィスコンティ家の紋章に由来する。

チャボとは

にわとりの中でも小型の種類の物を指し、体重も成鳥で雄が約730g、雌が約610g程度にしか成長しません。

脚が他の種類のにわとりに比べて短く、尾羽が直立しているという特徴があります。

小型な身体つきと尾羽の美しさより、古くから観賞用として親しまれてきたにわとりで、ペットとしても人気です。

日本ではチャボは天然記念物に指定されており、種類によっては絶滅の危機がある貴重なにわとりです。

ペットショップで販売されているものはブリードされたもので、雄の方が鮮やかな尾羽を所持しています。

逆に雌の個体は雄ほどの派手さはなく、性格も雄よりも雌の方が穏やかな個体が多いです。

価格はチャボの種類により異なりますが、3,000円前後になります。

寿命は他の種類よりも小型なこともあり7~8年前後です。

アバルトのエンブレムの由来

スコーピオンの図柄は、創業者のカルロ・アバルトがさそり座だったことに由来する。

振りかざしたハサミの上には、イタリア国旗の3色、下半分はイタリアのナショナル・レーシング・カラーである赤が占める。

ニワトリとは

一般的に知られているスタンダードタイプのにわとりです。

白色の他には茶系の色も存在します。

家畜として採卵用に飼育されているにわとりは、このタイプのものを指します。

特徴は赤いトサカで、白色のレグホンやコーチンといった種類が家畜としてもペットとしても飼育されています。

ペットショップでも安価で入手することが可能で、価格は1,000円前後です。

白色のにわとりは、警戒心が強く神経質な面があり、人に慣れるまでに時間がかかる場合があります。

初心者はひよこの時期から飼育するか、茶系のにわとりを選択すると良いでしょう。

茶系のにわとりは白色のにわとりに比べて、性格が穏やかですのでペットとしても懐きやすいです。

寿命は10年前後で、にわとりの中でも丈夫な種類です。

マセラティのエンブレムの由来

マセラティ創業の地・ボローニャのマッジョーレ広場、その中央にあるネプチューンの像が立つ噴水は、町のシンボルだ。

そのローマ神話の海神が手にするトライデント(三叉の銛)をモチーフにしたエンブレムは、本拠地の象徴であるとともに、地震や嵐、馬をも司るネプチューンの力強さをイメージさせ、創設に携わったマセラティ3兄弟も表しているといわれる。