タイヤのパンクと修理について

タイヤがパンクした際はその後の走行程度によりタイヤへ与えるダメージは大きく異なります。
パンク状態で走行するとタイヤのゴムと骨組みのコードが大きく変形させられコードとゴムが損傷を受けます。ですのでパンク修理はお早めに行なってください。
パンク修理はパンク穴を塞ぐだけではタイヤ性能を確保できない場合もあります。
全てのパンク修理が可能というわけではございませんが、修理の可否を含め、お客様の立場に立って判断し、専門店としてアドバイスさせていただきます。