メルセデスベンツの雑学

『メルセデス』というのは、もともとは女性の名前で、スペイン語で「神のご加護、慈悲」という意味の言葉です。

なぜ女性の名前が車のブランド名になったのか?

その答えは車が発明された頃までさかのぼります。

生まれたばかりの自動車は、まだ最高時速が20キロ程度だったため、性能を上げるための研究と開発が続けられていました。

そんな時代、オーストリア・ハンガリー帝国領事のエミール・イエリネックという人が、発明されたばかりの自動車に魅了されます。

と同時に、彼は開催されたレースにも積極的に参加していました。

そのイエリネックが、新しいレーシングカーをダイムラー社に依頼したときのこと。

開発された車を35台購入するのと引き換えに、ヨーロッパやアメリカでの販売権と新しいブランドネームの使用を提案したんですが……

その新しいブランドネームが、彼の娘の名前「メルセデス」でした。

彼の主張は「好きになってもらい愛してもらうためには、クルマは女性の名前でなければいけない」というもの。

その時に開発された『メルセデス35PS』のおかげで、メルセデスの名は世界に広まり、やがてダイムラー社の自動車ブランドとなりました。

ちなみにメルセデス・ベンツを「ベンツ」と呼ぶのは、どうやら日本人くらいなのだとか。

欧米では「メルセデス」と呼ぶのが一般的で、「日本人のようにベンツと呼ぶ人はまずいないだろう」と言われています。

1926年にダイムラー・モトーレン社とベンツ&カンパニーが合併して、新会社『ダイムラー・ベンツ社』が生まれました。

このダイムラー・ベンツ社がスタートさせた新ブランドの名前が『メルセデス・ベンツ』です。

でも、先ほどの話で御存じの通り『メルセデス』という名前は、合併前からダイムラー社が使っていたブランド名ですよね?

世界ではすでに、その名前が浸透していたので、『メルセデス・ベンツ』と名前が変わっても以前のまま「メルセデス」と呼び続けたそうな。

以前から呼んでいた名前の後ろに『ベンツ』と付いただけなので、わざわざ呼び方を変える必要はないというわけですね。