ウエストハイランドホワイトテリアの特徴

短い手足に短い胴、体高より体長が長いスクエアな体型です。頭は大きめで耳はとがっており、目はアーモンド形、あごは短くシザーズ・バイトの咬み合わせとなります。
被毛は剛毛のダブルコートで、保温が目的というよりは、猟で獲物と向かい合ったときにもけがをしないために役立つと考えられています。
姿勢を正してキリッと立ち、ピンと張ったしっぽがテリアならではの勇敢さを感じさせます。
なお、ウェスティーは近年、ほとんど実猟に使われないこともあり、断尾は禁じられています。
標準的な体高は28cm程度です。