ウインカーの雑学

ウインカーは『方向指示器』とも言い、「車が左(右)に動きます」ということを対向車や後ろのドライバーに知らせるものです。

車を運転していると、ふと前の車のウインカーへ視線が向きます。

「点滅しているから当たり前だ」と思ってしまいがちですが、実はこれ……『点滅回数』に工夫がされているんですよ。

道路運送車両法の『保安基準』では、ウインカーは毎分60~120回、また常に一定の速度で点滅することと決められています。

このスピードは、人間が緊張気味のときの脈拍と同じリズムなんだそうな。

道路を走っていると、ドライバーはどうしても運転に慣れてきてしまいます。

だから右左折や車線変更など、普段と違った動きをする場合には、それまでの運転に慣れたドライバーに注意を促しているわけです。

「注意を促すならもっと早くてもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、あまりにも点滅が速いとドライバーはかえって焦ってしまいます。

「心臓バックバクの状態」と同じリズムが目に飛び込んできたら、落ち着いて運転できませんからね。

もちろん点滅が遅いと、逆に緊張感が無くなってしまいます。

そこで「緊張気味の心拍数」という、少しだけ速めのスピードに設定されているわけです。

ちなみに現在多くのメーカーでは、ウインカーの点滅速度を「毎分70~80回の点滅」に設定されているそうな。

「自動ブレーキ」や「カメラでの死角サポート」といった、わかりやすいものに目がいきますが、気づかないところでも安全運転の工夫がされているんですね。