アウディの創業と統合の経緯

エンジン車が開発されて約15年後のこと、ベンツ社の工場長を勤めていたアウグスト・ホルヒは独立して1901年にドイツ・ザクセン州でホルヒ社を設立します。技術工学の最高学府で学んだホルヒにとっては技術の追求こそが全てであり、当時稀少だったアルミ製エンジンやニッケルクローム鋼の歯車などを積極的に使用して製造コストが嵩み、その挙句に経営陣と対立してしまい1909年にホルヒは自分が設立したホルヒ社から追放されてしまいます。
ホルヒはこの翌年、ホルヒ社の向かいに「ホルヒ」と同じ『よく聞く』という意味を持つラテン語の「アウディ」を社名とする新たな自動車会社を設立します。アウディが製造する車はスポーツイベントで活躍しますが、1920年にはホルヒが退社、1928年にはDKWオーナーのイェルゲン・スカフテ・ラスムッセンにより買収されるに至ります。
第一次世界大戦が勃発するとヨーロッパの生産業は打撃を受け、自動車においてもアメリカ車が台頭するようになります。これに危機感を感じたドイツの自動車メーカーのDKW・アウディ・ホルヒ・ヴァンダラーは合従連衡し、新たにアウトウニオン社を設立して対抗しました。