4つのリングは、アウディの離散と集合の賜物

アウディの創業者アウグスト・ホルヒは1899年に自分の名前を冠した自動車会社のHorch社を設立します。「Horch」とはドイツ語の「horen」という単語が元となっており、これには「相手の話をよく聞く」という意味があります。ホルヒは自分の名前の由来となった単語である「horen」を体現するために金銭を惜しまず注ぎ込んだ大変性能の良い車を設計・開発していきましたが、そうした姿勢がHorch社の経営陣との軋轢を生んだため、結果ホルヒは1909年にHorch社を追い出されてしまいます。
ホルヒはその後、今度はラテン語で同じ「よく聞く」といった意味を持つ「audio」を語源とする新しい会社を、同年中に設立します。その名前がAudiなのです。
しかし、折からの社会的な問題もあり、自動車会社の経営は必ずしも上手くいきませんでした。そこで紆余曲折あったHorch社とAudi社、それにDKW社とWanderer社を加えた計4社が連合して、現在のAudiの前身である「Auto Union AG」を設立するに至るのです。Audiのフォーリングスのリングの一つ一つは、この時の4社それぞれを表しているのです。

ネコを飼う準備

昔は放し飼いが多くみられましたが、交通事故や伝染病など危険が多い現代では室内飼いがおすすめです。
猫が快適に暮らせる環境を整えることができれば、室内だけでも充分心地よく暮らせます。外の景色が見える窓、高いところで休めるスペース、ひとりで隠れることができるスペースなどを想定して部屋作りをしましょう。
子猫は好奇心旺盛でとても身軽ですから、走り回ったり、ジャンプしたり、いろんなところに登ったりします。あらかじめ、壊れやすいものは片付け、倒れやすいものは固定して、事故のないように対策をとっておきましょう。

アウディのブランドイメージ向上と更なる躍進

1985年にアウディは、乗用車四輪駆動システム「クアトロ」を開発します。このクアトロシステムを搭載したラリーカーをWRCで走らせて大きな成功を収め、アウディが生産する車がオンロードにおいても高い安定性と走行性能を持っていると証明されました。これによりA8の前身であるV8は高い評価を得て、アウディは世界的なブランドとしてのイメージを確固たるものにしていきます。
90年代に入ってアウディは定番シリーズであるA6・A8・A4(タイプ5)シリーズを相次いで発売し、特にA4が世界的にヒットしたことで、フォルクスワーゲン傘下の高級ブランドであるアウディというイメージから、ベンツやBMWといった高級自動車メーカーと比肩しうる存在にまでブランドイメージを昇華させました。
2005年に入って、アウディは自動車生産において更なる進化を示します。この年発売されたA6に採用されたシングルフレームグリルという相貌は、現在アウディの象徴として認識されています。また、従来から発売していたセダンタイプに加え、SUVタイプのQ7やミッドシップモデルのR8といった車種が発売されました。アウディは現在でも躍進している最中で、その歴史は日々深化を続けているのです。

ネコを選ぶ時の注意点

純血種の場合はそれぞれ特性があり、性格に違いがあります。 活発なタイプや温和でのんびりとしたタイプもいるので、あらかじめそれぞれの特性を参考にして選ぶようにしてください。
特に長毛種の場合はきちんとしたグルーミングが必要ですから、毎日その時間を持てるのかどうかも選ぶポイントとなります。
また、捨て猫の場合は病気や虚弱体質の可能性もあるので、保護した捨て猫を新しい家族として迎える場合は、早めに動物病院の診察を受けて、必要な場合は治療を施してもらいましょう。

第二次世界大戦における会社の存続危機とアウディブランドの復活

アウトウニオン社のもと、DKWと並んでアウディは中~高級を担うブランドとして存続していました。しかし、第二次世界大戦が起こるとアウディブランドは製造中止となり、大戦でドイツが敗北するとアウトウニオン社の工場はソ連に接収されて会社自体が壊滅の危機に瀕する状況に陥りました。そのため生産拠点を西ドイツのインゴルシュタットに移し、戦後数年をかけて何とか製造再開にこぎつけます。
アウトウニオンは再出発直後からクラシカルながらもデザイン性の高い車を開発していましたが、1958年からはダイムラー・ベンツ社の支配を受ける形で生産が行われるようになり、1964年からはフォルクスワーゲンの傘下に入りました。
フォルクスワーゲン社の傘下に入ってから間もなく、アウトウニオンはアウディブランド復活に成功します。この時に発売された75(F103)は前輪駆動の中級セダンでしたが、1969年にロータリーエンジンの設計に定評があったNSU社と合併してより幅広い性能を持った車の製造へと生産の幅を拡大させていきます。この時に社名が「アウディNSUアウトウニオン」に変更され、ようやくアウディという名前が再び日の目を浴びるようになるのです。