アイドリングストップシステムのデメリット

・スターターモーターに負担がかかる
エンジンを毎回始動するためには、スターターを回す必要があります。
アイドリングストップ専用に設計されているとはいえ、アイドリングストップ機能がついていない車に比べればスターターにかかる負担は大きいです。

・エアコンのコンプレッサーも停止する
アイドリングストップすると言うことはエンジンも停止することになります。
エンジンの力で駆動しているエアコンのコンプレッサーも停止することになるので、夏場はエアコンから冷たい風が出なくなります。

・再始動時の音が気になる
個人差があるともいますが、エンジンが再始動する時の音がうるさくて不快に感じる人多いと聞きます。アイドリングストップが一般的になる前から車に乗っていた世代の方には、特にそう感じるとのことです。