自転車が右側通行を出来るのは歩道だけ?

自転車が車道を走る際は左側通行です。そして、路側帯(白線1本)がある場合には路側帯を通行出来ます。この路側帯でも左側通行になります。
違反者には罰則もあり3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金となります。

しかし、歩道では右側通行も可能ですが、道路標識で自転車も通行して良いとなっている場合のみ通行可能です。
ちなみに歩行者専用路側帯(白線2本)では自転車は通行出来ません。

車を運転していると未だに路側帯を逆走している自転車がいて怖い思いをする事がありますが、次第に少なくなっていくでしょう。

猿って何を食べるの?

猿を飼うにあたって、必要となってくるのが餌やりです。ペットとしての猿の餌は、最近では猿の種類別に市販されており、ショップやインターネットでも購入できるようになっています。種類にあったモンキーフードと、色々な野菜や果物、肉や乳製品などのたんぱく質やヒト用のシリアル、オートミールなどを取り混ぜてバランス良く与えてやる必要があります。

また、おやつとしてサル用のビスケットや犬猫用のビスケット、ヒマワリの種やピーナッツ、その他の種子類やナッツ類、穀物類、爬虫類店などで売られている昆虫なども適切です。猿は、食べ散らかしが多いので、一日に必要な量を2~3回に分けて少し多めにあげるとよいでしょう。

レジャー運転時の事故を防ぎましょう!

高速道路では、死亡事故に占める観光目的事故の割合が7月から激増します。

高速道路走行では観光やレジャー目的の車が増え、浮ついた気分から軽率な運転操作をするケースも増えると考えられます。
また、一般道路における観光等目的事故の時間別・路線別発生件数では、国道での14時~17時の時間帯に事故が多発しているという特徴があります。
旅行計画に無理があったりすると、午後の時間帯はドライバーの疲労がかさみ、居眠り運転やうっかりミスを起こしやすいので注意が必要です。

楽しい家族との夏休みやレジャーが悲惨な事故処理に終わらないよう、余裕のある運転に努めて、無事故・無違反で過ごしましょう。
また、業務で運転する機会のある方は、この時期には観光目的で走行する車が増えていることを自覚し、とくに他府県ナンバーの車両の挙動には十分に注意してください。

猿を買うとしたらいくらくらい?

猿をペットショップで買うときに気になるのが値段です。猿の種類によっても異なってきますが、大体安くても30万円〜50万円前後の猿が多く、高い猿では120万円などになる場合もあり、高額なペットになっています。

自動車衝突試験に使う車は自腹で購入だった!

自動車の実車を使った衝突試験の映像を見たことがある方も多いと思いますが、日本では独立行政法人の自動車事故対策機構が行っています。

たくさんの車を衝突させるためメーカーが提供したものを使うと思っていましたが、衝突試験を行うことは伝えず、一般人を装って普通のディーラーから車を購入しているそうです。

確かにメーカーが提供したものだと特別に細工されている可能性もあり、公平な試験にならないですよね。
一車種で複数の衝突試験を行うため、同一車種を3台購入するそうです。
買ってもらったディーラーはラッキーですね。