犬のため息に込められた意味

不満、ストレスを感じているから

犬のため息の理由二つ目は不満、ストレスを感じているときです。
飼い主が散歩に連れて行ってくれない、かまってアピールに気付いてくれないなどといった状況に見られがちなため息です。
飼い主の目を見てどこか諦めたような表情を浮かべため息をついていたら、不満があってため息をついたのでしょう。ため息をついたあとにそっぽを向いてどこかへ行ってしまう犬もいるようです。

逆にしつこくかまわれて鬱陶しいと感じているときや、抱っこが嫌でため息をついていることもあります。
「フン、フン」と鼻をならす短いため息をついていたら居心地が悪いと感じているので、かまうのをやめましょう。