犬のため息に込められた意味

安心しているとき

犬のため息の理由一つ目は安心したときです。
おなかがいっぱいになったときや、ベッドに寝そべったときなど、満足感や安心感を得られたときに少し長めのため息をつきます。
眠そうにしていたり体の力が抜けていたりする場合は、リラックス状態になったと考えてよいです。
眠る前に満足げにため息をつく犬も多いようです。この場合のため息は、どこかぼんやりとしていることが多いです。