クルマの長ーいアンテナ、どこへ 小さく、短く進化 「コネクテッド」時代はどうなる?

かつてのクルマのアンテナはとても長いものでしたが、技術の進歩により小型で短くなっていきました。
今後、「コネクテッド」技術が進展するなかでアンテナはどう変わっていくのでしょうか。

長さ90cm前後だったワケ FMの波長が関係?

かつてのクルマには、バンパーやトランク、ルーフなどに伸縮式のアンテナが見られましたが、いま道路を見渡しても、あまり見られません。
代わりに、ルーフから角が生えた感じの短いものや、あるいはサメのひれのような突起が見られます。
アンテナは短くてもよかったのでしょうか。

——昔のアンテナはなぜ長かったのでしょうか?

AMラジオの電波をキャッチするには、アンテナが長いほど有利ですが、FMの場合は最適な長さというものがあります。車体に設置するアンテナの場合、長さを「1/4波長」程度にすると最も効率がよく、たとえば80メガヘルツであれば1波長は3.75m、その「1/4波長」は約0.94mです。そのため、昔は90cm前後まで伸びる「ロッドアンテナ」が主流でした。

——短くなったのはどのような理由があるのでしょうか?

外観上の問題、風切り音の発生、折れ曲がりや収納の手間、コスト、加えて自動伸縮アンテナなどの場合は故障の問題があり、最近は長いロッドアンテナはほとんど見られなくなりました。

「平成31年度国に対する特別豪雪地帯振興策に関する要望事項ー国土交通省④-」

「平成31年度国に対する特別豪雪地帯振興策

に関する要望事項ー国土交通省④-」

5 河川関連雪対策事業の推進について

  水量豊かな河川から、市街地を流れる中小河川に消流雪用水を導入供給するための予算の確保を図ること。

6 特別豪雪地帯における河川区域内工事の制限の緩和について

「無料イラスト ...」の画像検索結果  河川区域内工事は非出水期に行うとされているが、特別豪雪地帯においては、非出水期の半分近くが降雪積雪期に当たり、さらに、融雪期には、融雪水の増加により、出水期より水量が増加する河川も多くあり工事の支障となっていることから、非出水期以外でも工事の施工が可能となるよう見直しを行うこと。

政治