帰化生物について考えよう

動物がその分布を広げるのは、通常陸でつながっていて、かつ暮らしていく上で問題が生じないというのが大前提になる。日本は完全な島国。地球の歴史的には大陸と地つながりになったりもしているが、今日では海洋によって分断された島といっていいだろう。

固有種を含めていろいろな動物たちを育んでいるが、中にはもともと日本にはおらず、外国から移入した種類も少なくはないようだ。そしてそうした生物たちは、いかにも悪者みたいな扱いを受け、しばしば新聞やテレビなどマスコミでも取り上げられたりする。彼らは本当に悪者なのだろうか?

現在わが国に帰化したといわれている生物は200種近くがいるらしい。帰化とは厳密にいうと日本の環境に順応して、さらにそこで繁殖して子孫を残しているものをいう。したがって東京湾に現われて話題を呼んでいるアゴヒゲアザラシのタマちゃんがそうかというと、いまのところそうではない。本来彼らが暮らしているのは北極圏を中心にした海である。日本に帰化した種類としてよく話題になるのはアライグマやブラックバス、ミドリガメ(正しくはミシシッピアカミミガメ:写真)といった連中だろうか?

単純には出会える生物が多くなるわけだが、一番問題視されるのが彼らが定着したことによる、もともといた生物への影響である。たとえばブラックバス。北米に分布する淡水魚で、魚食性の性質をもつ。食料として輸入されたのがきっかけで、今日現地ではゲームフィッシングが盛んであり、日本に定着した後はバスフィッシングがブームにもなり、各地に放流された。先にもふれたように魚食性の彼らは、日本在来の小型の魚を餌としてその数を増やし、淡水での漁業にも影響を与えている。

アライグマに関してはテレビのアニメの影響もあり、ペットとしてもち込まれたものが様々な理由で野性化して、それらが定着しているようである。カナダ南部からパナマにかけて分布している小獣で、ちょっとタヌキに似た風貌である。木登りがとてもうまく夜行性で、暗くなると木から降りて餌を探す。雑食性で何でも食べ、特に水辺でカエルや昆虫、小型の哺乳類、果実などを食べる。

北海道では野生化したかれらが帰化しているらしい。当然彼らと生息場所や餌などを共にする、もともといたキツネやタヌキたちにとっては脅威な存在である。さらには農作物に関しても被害が及び、愛玩のために日本へとやってきた動物が、槍玉に挙げられる結果となっている。しかし果たして彼らも害獣なのだろうか?実際に幼獣の間は扱いやすいが、成長したものではかなり凶暴な部分をみせるようだ。こうした野生動物は、現実にはアニメのようなわけにはいかないようである。とはいれ、彼らを輸入したのも人間、そして野に放ったのもやはり人間である。帰化生物の定住の陰には、いつも人が介在している。

「特別豪雪地帯対策の推進に関する要望」

「特別豪雪地帯対策の推進に関する要望」

 新潟県におかれましては、日頃より特別豪雪地帯に係る諸施策の推進に格別なご高配を賜り感謝申し上げます。

 ご承知のとおり、新潟県は県内18市町村が特別豪雪地帯に指定され、その面積は県土の約70%を占めています。

 当協議会は、豪雪地帯という厳しい自然条件の中で住民が安心して暮らせるように、雪害に対する恒久対策の確立や生活環境整備等を目指して昭和52年に設立され、これまで会員挙げて要望活動を展開してきました。

 しかしながら、特別豪雪地帯は毎年恒常的な豪雪のため、多大な雪害を被り、「イラスト 無料 ...」の画像検索結果民生・産業全般に亘って大きな地域格差を生じております。また、雪害等の防止策をはじめ、冬季交通の確保、屋根雪対策等、緊急に解決すべき課題を数多く抱えております。

 つきましては、かかる実情を十分にご賢察いただくとともに、豪雪地域が環境保全に果たしている役割もご認識いただき、特別豪雪地帯における定住条件の積極的な整備と生活環境の向上を図るため、下記事項について特段のご高配をいただきますようお願い申し上げます。

1 新潟県雪対策基本計画に基づく事業の推進と拡充を行うとともに、平成31年度の予算編成に当たり所要な財源措置を図られたい。

 平成30年7月30日

         新潟県特別豪雪地帯市町村議会協議会

           会長 柏崎市議会議長 加 藤 武 男

政治

◎「歳末ワン助」<ちょと一息・癒し系>

◎「歳末ワン助」<ちょと一息・癒し系>「イラスト 無料 ...」の画像検索結果

☆今年も大変お世話になりありがとうございました。

☆来年もよろしくお願いします。

☆どなた様も、どうぞ佳い年をお迎えください。

 

「市の発出する文書などは西暦を併記」

「市の発出する文書などは西暦を併記」

 来年5月1日に元号が改められます。業務執行や市民生活に混乱を来さないよう、来年1月1日から市が発出する公文書などには、元号と西暦を併記します。

「無料イラスト ...」の画像検索結果 これまで、市から発出する文書は、原則として元号のみを使用していました。一方、市民に配布する印刷物、市の各種計画、報告書、統計資料などでは、必要に応じて、西暦を併記していましたが、今回、これを公文書に拡充するものです。

 なお、すぐに対応することが難しいものは、対応が可能となった時点で併記します。