「まち歩き&名園めぐり」

「まち歩き&名園めぐり」

~かしわざき観光ボランティアガイドとめぐる~

 かしわざき観光ガイドの案内で、柏崎のまちの成り立ちを知るまち歩きや、鮮やかに色づく庭園など市内の名所をめぐります。参加者全員にお土産をプレゼント。

「無料イラスト ...」の画像検索結果<と き> 11月3日(土・祝)・4日(日)

<内 容>

●11月3日 まち歩き

コース① 砂丘の上にできたまち柏崎。高低差を楽しむまち歩き。

コース② 石油産業のおもかげをたどるまちまち歩き。近代産業と柏崎。

コース③ 島町界隈と近世のまちめぐり。柏崎の成り立ちを知る。

●11月4日 まち歩き

コース④ ハマミチ発見!海辺の暮らしと納屋町。

●11月4日 ツアー

コース⑤ 鮮やかに色づく柏崎三大庭園の紅葉と、木喰仏の微笑みに会いに行く。

<参加料> コース①~④:500円、コース⑤:2,000円

<定 員> コース①~④:午前、午後で1回ずつ開催、各10人 コース⑤:20人

行事

「避難退域時検査・除染実施体制の整備について」=新潟県への要望⑨=柏崎市(平成30年10月)

「避難退域時検査・除染実施体制の整備について」

=新潟県への要望⑨=柏崎市(平成30年10月)

【要望事項】

 住民の安全と安心を確保するため、原子力災害対策における避難退域時検査及び除染の実施体制について、新潟県が主体となり、次の対応を要望します。

1 避難退域時検査場所を早期に指定するとともに、住民等に対して確実に検査及び除染が行われるよう、その実施体制を整備し、住民等に示すこと

2 検査及び除染に関する対応マニュアルを早期に作成すること

3 検査及び除染に関する訓練を実施し、要員等の業務の習熟に努めるとともに、訓練の結果を評価・検証し、必要な改善を行うなど、実効性のある実施体制の構築を図ること

【提案・要望理由】

 原子力災害対策において、解決すべき課題の一つである避難退域時検査及び除染に関して、これまで新潟県としての基本的な考え方や方針は示されていますが、実施体制は具体化されていません。

 万が一の原子力災害時において、広域避難する住民等に対して確実に検査及び除染が行われる体制を構築し、住民等に示すことが重要です。

 ついては、避難退域時検査場所を早期に指定するとともに、避難住民等に対して確実に検査及び除染が行われ「無料イラスト ...」の画像検索結果る体制を整備すること、対応マニュアルを作成し、訓練を通じて要員等の業務の習熟に努めるとともに、訓練の結果を評価・検証し、必要な改善を行うなど、実効性のある実施体制を構築する必要があります。

政治

「いけばな池坊展」

「いけばな池坊展」

 花展を通じて、いけばな文化のさらなる活性化を図るため、華道家元池坊新潟上越支部主催のいけばな展が開催されます。

「無料イラスト ...」の画像検索結果<日 時>

11月3日(土・祝) 午前10時~午後6時

11月4日(日) 午前10時~午後5時

<ところ> 柏崎市産業文化会館

<入場料> 無料

行事