国産スポーツカーのルーツは戦後からである。

いまでは若者よりもシニアに人気とも言われるスポーツカー。

スポーツカーとは、運転そのものを楽しむ(スポーツドライビング)目的で、運転の性能や高速走行の実現を追求を目的に設計・製造された自動車を指します。

世界で初めてスポーツカーと呼ばれたのは、1915年に製造されたスペインの「イスパノ・スイザ3.5L」と言われています。
その後、数多くの国、メーカーでスポーツカーが開発されたのだそうです。

ところで、日本でスポーツカーが本格的に開発されていったのは1980年代に入ってからだそうです。
その前にもスポーツカー自体は存在していて、戦後から1970年代までに開発された代表的なスポーツカーは、ダットサンスポーツDC-3(フェアレディZの源流)(1952年)、ホンダS600(1964年)、トヨタスポーツ800(通称”ヨタハチ”、「86」の源流)(1965年)などがあるそうです。