カーシェアリングとレンタカーの違いとは

都会に近いエリアに住んでいると、平日は車を運転する必要がないという人も多くいます。
最近ではその様な人はマイカーを持たずに、必要な時に業者から車を借りておられる方がたくさんおられます。
車を借りる方法として、カーシェアリングとレンタカーがあり、違いは以下の通りです。
まず、レンタカーは必要な時に業者に申し込むもので、運転免許があれば誰でも利用が可能です。
これに対してカーシェアリングは会員制となっていて、事前に一つの業者に会員登録をする必要があります。
また、レンタカーは営業車の営業時間内でしか手続きが行えず、夜間に急にレンタルすることはできません。
カーシェアリングはパソコンやスマ―とフォン等の携帯電話から予約ができて、24時間いつでも営業所を通さずに借りることができるのです。
レンタカーの場合はレンタルする時間が長く、最低6時間~となっているところもあります。
しかしカーシェアリングは短時間での利用が可能で、業者によっては15分単位で価格設定されているところもあり、短時間の送り迎えや買い物などに利用することができます。