◎財政健全化計画とその後の取り組みについて=一般質問項目別全文③(荒城彦一議員)=柏崎市議会9月定例会議

◎財政健全化計画とその後の取り組みについて=一般質問項目別全文③(荒城彦一議員)=柏崎市議会9月定例会議

3 柏崎市では財政の健全化を進めてきたが、その結果についてお聞きします。

財政状況が健全であることは、行政運営にとって極めて大切であります。それは取りも直さず、市民サービスや生活環境に良好な影響をもたらし、市民の利益に繋がるからであります。

柏崎市ではこれまで、下水道等インフラや公共施設の整備、市町村合併やそれに伴う広域事務組合の債務引き受け、そして相次ぐ自然災害に見舞われたこともあり、財政の不均衡が生じてきました。

これを改善するために行財政改革を実行してきたわけですが、確か昨年度で一区切りつけたと承知しています。

そこで以下のことをお聞きしたいと思います。

  1. 財政の健全化はどこまで進んだのかについて。
  2. 計画実施による「プラス効果・マイナス点」について。
  3. 今後の取り組みについて、考え方・方策について。 具体的にはどのような効果に繋がるのか?

以上3点についてお聞きします。

ここで言いたいことは、財政の健全化は目的ではないということであります。つまり、財政が健全化することで、効率的・効果的で質の高い市民サービスが実行・実現できることが大切であると思います。そこで具体的にはどのような効果につながるのか? たとえば「これまで市民負担を求めてきたが、何% 位 軽減できるのか?」とか、或いは「学校にエアコンが何台設置できるようになったのか?」というような具体的ご答弁がいただければ幸いであります。

その一方で、マイナス点は「柏崎の元気が失われたこと」だと思います。市では財政の健全化を実現するために、事務事業を15%カットしました。特別職も含め人件費を削減しました。予算編成上は2~3%のカットも大変難しいとされる中、この大手術は体力そのものを大きく衰退させた。その弊害が市内総生産の落ち込みにも見られるように、事業所の閉店・撤退・倒産という形で表面化してきた。これを取り戻し再び経済を元気にし、柏崎を元気にしなければなりません。

以上お聞きします。

022

 

 

 

 

政治

記憶=生かされている意味さがし(72)

72 記憶=生かされている意味さがし(72)

何かを「憶えよう!」とか、「忘れないようにしよう!」というのは、歳をとるとかなり意識する事柄かも知れません。老いていくという時間の入り口では、「痴呆」「ボケ」「もの忘れ」という表札は避けて通りたいものです。

とはいいながら、昨日のことは分かっても、さっきのことは思い出せない! なんてことが頻繁にあると、「あぁ~、脳が萎縮を始めているなぁ~」と気持ちも萎えていくのであります。

「記憶」「記銘力」は人間として失いたくない最大の能力です。

ある人が、「記憶が続くと疲労が蓄積される。日記を書くことでストレスが軽減できる」というようなことを言っていました。「忘れないでいよう」「覚えておこう」と意識し続けると脳が疲労する。それより、日記に移記して、脳から解放してやり、また、新たな情報を仕入れるほうが脳の負担が少ない! ということなのです。

これだけの情報社会。どこかで切り捨てたり、廃棄したりしないと脳がいくつあっても足りないようなご時世です。

私は、直感的に自分にとって必要のないモノ、影響を及ぼさないものには興味を示さないように(起こさないように)しています。また、そういう生き方をしてきました。

妻に言わせれば、「典型的なB型だから、興味のあることには異常な執着をするけど、興味のないことはまったく見向きもしない性格」と批判めいた言葉を浴びせられます。

そのとおり。ジャニーズ、AKBも興味がないから、誰がどのグループかも分からないし、娘が好きな大野君と、卒業した前田敦子くらいしか分かりません。

ゲームだって、昔の「インベーダーゲーム」以来、息子に買ってやった「ゲームボーイ」にも触ったこともありません。DCブランドにも興味がありません。「それ持っててどうなんの?」的に、無印良品派です。そもそもオイラはブランド名を読めないし……。

「結局、あんたの興味はクルマと女でしょ?!」と核心をつく妻の言葉に、素直に頷ける自分なのです。

003やっぱりB型は純粋だなぁ~……。自分が凄く好き! です。追加で黒木瞳と綾瀬はるかも好き! 昔(五十年前)は河内桃子でしたぁ。(笑)

〈松谷範行氏著作:「生かされている意味さがし」より〉

この記事はブログ管理者からの無理な申し出を、筆者から受け入れて頂き掲載しているものです。

随想