◎元気発信プロジェクト(スタンプラリー実施計画)について=一般質問項目別全文②(荒城彦一議員)=柏崎市議会9月定例会議

◎元気発信プロジェクト(スタンプラリー実施計画)について=一般質問項目別全文②(荒城彦一議員)=柏崎市議会9月定例会議

2 元気発信プロジェクト(スタンプラリー実施計画)のその後の状況について

6月10日(土)からスタートした元気発信プロジェクト(スタンプラリー)も3カ月を経過し、残すところ1ヶ月となりました。この項目につきましても6月にお聞きしましたが、あれから3カ月・・・、どのような変化があるのか、ないのか? 現時点での実施状況、ここまでの反響等について以下の3項目につきお聞きします。

1ここまでの市民利用状況や抽選の状況について?良かった点や反省点・改善点はあるか?

2それに対していかなる手を打っているか?

3最終的には事業を総括・検証して次の政策に活かすべきだと思うが、今後の方向性についてはどのように考えているか?

以上、答弁を求めます。

<消費者及び市民の声>

 

①これまで来たことのない客が来るようになった。

②「スタンプラリーやってますか」と確認して、買い物する客が目立つようになった。

③抽選会の日はフォンジェ館内がいつもより賑やかになった。

④500円に満たないと、ついで買いする客が増えた。

⑤お客が商品券を請求しなくても、声掛けすると喜ばれた。⑥8月の売り上げは9%伸びた。

⑦7月、8月、9月と時間の経過とともに関心が高まり、利用者が増えてきた。

⑧9月の抽選会は参加者が多くなり、賑わった。

⑨「スタンプ押してください。商品券ください。」という人が確実に増えてきた。

⑩「話題性」を提供する効果があるので、よく会話の中に出てきた。

⑪加盟店(取り扱い店)が多くなったので、反響が広がった。

⑫周辺部地域では「抽選会場が遠いので商品券はいらない」という人が、少なくなかった。

⑬もっとルールを徹底してほしい。⇒トラブルの要因となる。

⑭「1店ずつのスタンプ3枚で福引1回できないか」という人が少なからずあった。

⑮1,500円以上の買い物で、500円ずつに分けて清算して欲しいと言われた。

⑯500円に満たないのにスタンプを押してくれと言われ、「出来ないんです」と言ったら、「融通が利かないね」と言って気分を悪くした。

022

 

 

 

 

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す