高速道路上の落下物で1番多いのは、タイヤやクルマの付属品などの自動車部品類である。

NEXCO東日本によると、高速道路上で多い落下物1位は、毛布やシートなど。2位は自動車部品類、3位は角材やベニヤ板などです。クルマが高速で行き交う高速道路では、たとえ小さな落下物でも大きな事故につながる可能性があります。高速道路を走行する前には、積んでいる荷物がしっかりと固定されているか、必ず点検するようにしましょう。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す