飼う上で届け出が必要な動物はいる?

日本の法律で特定の動物は飼育するうえで届け出が必要な物もいます。
外来生物法によって規則を破ると、6か月以下の懲役もしくは100万以下の罰金がかせられる可能性があるため、珍しい生き物を飼う場合は届け出が必要かどうかを調べてから飼うようにしましょう。
法人の場合は5000万円以下の罰金と、かなり高額となりますので個人事業で飼うのを検討している人なども注意が必要です。

特定動物の種類は、トラ、タカ、ワニ、マムシなどの哺乳類や鳥類、爬虫類などの約650種類が対象となっているようです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す