迷惑と危害の防止

ペットを飼うには他人や社会に迷惑や危害を及ぼさない心配りと、よいしつけが大切です。
苦情のほとんどは、ほえてうるさい、くさい、きたない、食べ物などを盗む、荒らす、かみつくなどです。
これらは飼い主の努力と責任ある飼育で改善できるものばかりです。
これらの努力を怠って、徒にペットと周囲の人々との間に問題を発生させるのは、是非避けたいものです。
隣近所の人がみんなあなたのように犬や猫を好きな方とはかぎりません。
近隣の人からも理解が得られるように、あなたも自分のペットを責任を持って飼うようにつとめなければなりません。
それが、結局はあなたのペットの幸せでもあるのです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す