自動車を取り巻く課題とトヨタの取組み

20世紀における工業・技術のグローバルな発展にともない、人口の増加や自動車の増加など化石燃料を大量に消費してきました。
自動車を取り巻く課題は、石油の将来への不安から自動車に適したエネルギーを活用する方策を見出すこと、CO2の増加による地球温暖化、大気汚染の3つが挙げられます。
hero_l
中でも、石油の代替燃料として電気・水素・バイオ燃料など需要が拡大していくと思われますが、それぞれに課題があり、当面は石油が自動車用燃料の主流であり、その後多様化すると考えられます。
その燃料の多様化に対応するため、プラグインハイブリッド車や電気自動車、燃料電池自動車など多様化する動力源を使うことになります。

トヨタでは、これら全ての車両の開発を同時に進めていきますが、当面の主流である石油を燃料とした従来エンジン車やハイブリッド車をグローバルの基盤技術と位置付けさらに磨き上げていきます。
更に、この基盤技術の上に、ガス燃料や、電気・水素などの代替燃料を利用する次世代車技術の開発を進めていきます。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す