秋のくるまのお手入れ!

秋は、なにかと趣味や好きなことに打ち込むことが出来る季節 。
そのなかでも、くるま好きさんは「洗車の秋」とワクワクしていらっしゃるのではないでしょうか!

さて、秋の車のお手入れ方法 としてのポイントは何でしょうか?

●夏のダメージを取り除きましょう!
夏、車のボディーは徹底的に痛めつけられています(ガレージ保管ならダメージは減ります)。
日差しの柔らかくなり始める11月は、まず夏のダメージをしっかりとケアしてあげることが大切です。

ワックス派のお車の場合は、夏の強い日差しで溶けたWAX皮膜をきちんと取り除くことが大切です。
ワックスには様々な種類がありますが、もっとも熱に強いワックスでも80℃が限界点。
真夏は、ボンネットやルーフなどは80℃前後まで上昇するので、ワックス皮膜が溶け出して回りの汚れを取り込んでしまい、これを繰り返しているうちに、実は頑固な水垢になるんです。
シャンプー洗車、或いは専用ケミカルでしっかりと取り除きましょう。
また溶け出たワックス成分がウィンドウガラスにも付いてしまいます。
これからの季節は、雨が多くなりますのでその前に油皮膜を取り除き、ウィンドウガラスコーティングしておくと雨の日でも良い視界を確保することができます。

コーティング派のお車の場合は、酸性雨や付着汚物の酸化など酸化に強いコーティング皮膜もところどころで弱ってきてしまいます。
コーティングメンテナンス溶剤を使って頑固な汚れを取り除くとともに、キズついた部分を補修することが大切です。
この細かいメンテナンスが、コーティング皮膜を長持ちさせてくれます。

さあ!大切な愛車をしっかりとお手入れしてみませんか!
pct_kids_0503

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す