犬の寿命

犬はもともと肉食動物ですが、人間と過ごす長い歴史の中で、現在では雑食性に変化しています。

かといって、人間とは必要な栄養素の量が全く異なるので、人と同じ食事を与えることはよくありません。
犬の餌としては栄養バランスがよく考えられているドッグフードが最適であり、子犬の頃からドッグフードに慣らせておくことも重要だといえます。
大型犬を屋外で、小型犬は屋内で、という一昔前の考え方も現在は大きく変化し、庭での放し飼いや室内飼いなどで犬を自由に暮らせるようにしてあげたいという傾向にあるようです。

犬は散歩好きといわれていますが、外に散歩に行くというのは、運動の面から必要ということだけではなく、犬の心理的な発達や社会性をやしなうというしつけの意味でも重要だといえます。
犬はもともとオオカミを祖先としているので、群れいることを好み、リーダーに従って行動する習性があるといわれています。

家庭で飼われることになった犬は、家にいる人間の家族を群れと認識して行動をすることになり、飼い主にたいして従属することも可能です。
このオオカミ由来の習性をよく理解してしつけを行っていくことで、犬の行動をコントロールすることが容易になり、飼い主の要求にきちんと従ってくれるようになります。

もちろんこれだけ犬が多く飼われている日本では、犬の飼育にまつわる様々な問題や健康上の問題なども発生していて、飼い主のモラルや責任を問われる場面も多々あるのが現状です。
感染症や犬にまつわるトラブルなどに関しては、また後で詳しく説明したいと思います。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す