犬が水を飲むときに一緒にしている事

犬は息をしながら水を飲んでいる

まずは水を一口飲んでみてください。
人は水を飲むときに息を止めています。
これは、喉頭と喉頭蓋がたくみに機能し、気管に蓋をして水などの異物が入らないようにしているためです。

しかし、犬は違います。
犬は水を飲む際も呼吸をすることができるのです。
犬の喉頭は人よりも口の奥側にあります。
食物が通る際は蓋が気管を閉じるので一時的に息を止めていますが、水は喉頭の横をすり抜けるようにして食道へ向かいます。
なので、喉頭蓋で気管を塞ぐ必要はないのです。

犬が長時間水を飲んでも苦しくないのは、息をしながら水を飲めるからなのです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す