犬が子供を噛む理由

小いさな子供にとって、ふかふかだったり、ちまちま動いたり、逆に上に乗れるくらい大きな犬はおもちゃ同然です。
大人は子供に引っ張られたり、ぶたれたり、追いかけまわされても、「子供だから仕方ない」ともちろん口で注意はしますが、大目に見てもらえます。

でも犬は違います。犬が嫌がるような事をすれば、躾けられた犬であれば、ある程度我慢してくれるかもしれません。
でも我慢に限界があるのです。

また純粋に子供のする行為が、犬にとって恐怖だった場合、犬は反撃に出ます。

犬はおもちゃではなく、生きているから痛みも感じるし、恐怖も感じます。
そして多くの場合、子供は限度を知りません。
だから悪気がなくてもやりすぎてしまった結果、犬からの反撃を食らって噛まれる事になります。

ケガをした方が被害者である事は事実ですが、ある意味犬だって被害者です。

もし子供が噛まれたら、犬を責めるのではなく、その原因がどちらにあるかを見極めましょう。
先に躾けが必要なのは子供かもしれません。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す