江戸時代、上流階級に最も愛された犬種

狆は、日本の犬種にも関わらず、現代では見られることが少ない犬種です。

江戸時代では大名をはじめ、女性の間でも人気の犬種でした。数が減ってしまったのは、戦争による激減と、他国の犬種が広まったためと考えられています。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す