最も長く人間と暮らし続けている犬

旧石器時代の1万2千年前、犬が人間と行動をともにしていた痕跡が残っています。
狩りの相棒として重宝されていた犬は、人と強い絆で結ばれていました。
パートナーであった犬がその寿命を終えると人と一緒に埋葬されるほど、その信頼関係は強固なものだったようです。
主従関係を好み、狩りにおいては獲物を食べることなく人のもとまで運ぶという犬の優れた習性が、古代の人にとってどれほど大切なものをもたらしてくれたのかを想像することができます。
ペットという愛玩犬としての役割だけでなく、災害救助犬や介助犬、警察犬など、犬は今でも人の暮らしを支え続けてくれています。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す