旧車を長持ちさせるコツ

負担をかけるような運転はしない

エンジンの摩耗を最小限に抑えるためには、暖機運転を心がけることがポイントです。
鍵を差し込みエンジンを始動させてすぐ車を動かすと、エンジンオイルがまだスムーズに流れていないためエンジンがダメージを受けやすくなってしまいます。

また、車は「急」がつく運転をすると負担がかかるので気を付けましょう。
急発進はサスペンションを、急ブレーキはブレーキの負担が大きいです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す