日本の自動車メーカー各社の創業の流れ

ダイハツ工業株式会社
大阪高等工業学校(現在の大阪大学工学部)の学者や技術者が工場用大型エンジン製造のために設立、オート三輪が売れる。

鈴木自動車工業株式会社(スズキ)
創業者:鈴木道雄
創業は戦前だが、自動車開発は戦後。
元々は、織機の製造メーカー。
1952年に輸送用機器に進出、ホンダを参考に、バイクの生産を始め、軽自動車の開発も始める。

日産自動車株式会社
創業者:鮎川義介
大元のルーツは、1911年に橋本増治郎が設立した、『快進社自働車工場』に遡る。
快進社と実用自動車製造は、1926年に合併しダット自動車製造となり、1931年に戸畑鋳物株式会社(社長:鮎 川義介)の傘下に入り、2年後、日産自動車の設立。

トヨタ自動車工業株式会社
創業者:豊田喜一郎
自動織機で成功を収めていた、豊田喜一郎が、欧米に出張した際に、黎明期だった自動車産業の発展すると考え、自動車部を設立した。

三菱自動車
三菱財閥の自動車開発部門として出発。
重工業企業として、日産やトヨタの部品製造を請け負うことにより、自動車製造の技術を蓄積し、開発に携るようになる。

マツダ
創業者:松田重次郎
元々、コルク加工メーカーだったが、機械工作にも携るようになり、オート三輪にも参入。
大きく売上げを伸ばし、基盤を築く。

本田技研工業株式会社(ホンダ)
創業者:本田宗一郎
終戦後、払い下げの軍用小型発電エンジンで原付バイクを作り始め、自社でも、エンジン開発を手掛けるようになる。
2輪オートバイで、成功し、4輪自動車にも携るようになる。

富士重工業株式会社(スバル)
富士重工業の自動車部門。
航空機メーカーである中島飛行機が元。
大人4人が乗れて、遠くまで壊れずに走る大衆車、というコンセプトで、小型で格安の軽自動車「スバル360」を作り出す。

*自動車&あいのりマニア!より引用させて頂きました。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す