日本と海外で呼び名の違う車がある?

様々な理由で、日本国内と海外で呼び名の違うクルマがあります。
いくつか挙げてみますね。
・マツダ ロードスター(海外名称:MX-5)
海外ではMX-5として販売されています。
英語でロードスターというのはオープンカーというスタイル自体を表す言葉なので、名称にするには違和感があります(例えると「マツダ オープンカー」という感じになってしまいます)。
また、海外での販売を意識して「コードっぽい」名称にしているとも考えられますね。
ちなみに、北米ではMiataというサブネームが与えられています。

ロードスターは本当良いクルマですよね!
・トヨタ セリカXX(海外名称:スープラ)
1978年に登場したセリカXXは、北米市場をターゲットにした3ドアのクーペです。
当時のアメリカではXの連記が映画の成人指定度合いを示していたため、スープラと名付けられて販売されました。
後継車は国内でもスープラとして販売されて、現在は日本でもスープラという呼称の方がポピュラーですね。
・ルノー ルーテシア(海外名称:クリオ)
ルーテシアは、フランスの自動車メーカーであるルノーが作る小型自動車です。
こちらは日本で販売されるときに名称が変更されたというケースですね。
ホンダが3チャンネルで販売を行なっていたときに「ホンダクリオ」というディーラーがありました。
そのため日本では「クリオ」という商標が既に登録されていたので、車名として掲げられなかったのです。
他にも色々あると思いますので、探してみるのも面白いかもしれませんね。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す