日本で飼うことが出来ない動物は何で指定されている?

日本で飼うことが出来ない動物は大まかに2つの規制があります。

1つ目は、『ワシントン条約』による「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)」。
こちらは、基本的に家庭で飼育できない動物なので、ペットショップなどには確実にいません。

ワシントン条約とは、絶滅の恐れがある種の野生生物を保護するための国際取引に関する条約です。
日本では「種の保存法」という法律で私達の生活に関してもいくつか規制されています。
動物の輸入輸出だけではなく、売買・譲渡に関する内容も規制…

2つ目は、『特定外来生物法』によって規制されている動物。
こちらは、日本に入ってくることで生態系に係る被害が出る恐れがある動植物に対して規制が行われています。
一時期ペットとして飼われていた動物なども含まれています。
過去にペットとして飼われていても、飼い主が無責任に野や池、川に放つことで、自然の生態系を壊している動物が問題となっています。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す