市販の車のタイヤには黒以外は存在しない。

世の中で、カラーつきタイヤを見かけたことはほとんど無いと思いませんか?
実は、タイヤにはその強度および耐久性を高める目的でカーボンブラック(炭素の微粒子)が配合されているため、必然的に黒色になってしまうそうです。
そのうえコスト面、性能面でカーボンが圧倒的に有利なため、それ以外の色は存在しないのだとか。
しかし、一部産業用のフォークリフトには、床が黒く汚されないように、特別に黒以外のタイヤを装着して床を保護することもあるようですよ。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す