子供と犬の関わり方

小さいうちから、生き物と関わる事で、命の大切さを学んだりできるので情操教育にはペットを飼うというのは良いと言われています。

しかし、一方的にペットに負担を強いるようでは、その教育は間違った方向に行くこともありえます。
そのため、まず「犬はおもちゃではない」事「犬にも感情がある事」を理解させなくてはいけません。

そういう考えがあって、初めて命の大切さや人に対する関わり方を学ぶことができるのです。

また、子供がある程度大きくなれば、子供から犬に指示を出させるようにしましょう。
例えば、おやつや食事は子供が与えるというような方法です。
こういう関わり方で、犬は自然と子供が自分に指示を出す側の人間、つまり自分より上である事を理解します。

犬を子供のお守り役にしないようにしましょう。
子供がある程度大きくなるまでは、必ず親が犬と子供の両方をよく見て、お互いがお互いに尊重しあえる間柄にするように気を遣ってあげてください。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す