凍ったフロントガラス、熱湯かけると危険? 効果的な除去方法は

真冬の朝などには、屋外に停めていたクルマのフロントガラスに霜がびっしりつくことがあります。
お湯をかけて溶かそうと考える人もいるかもしれません。
しかし、この方法は危険だといいます。

フロントガラスにお湯をかけてはいけないのはなぜでしょうか?

割れる可能性があります。
すぐに溶かしたいと熱湯をかける人もいるかもしれませんが、ガラスは急激な温度変化に弱いものです。
なかでもクルマのフロントガラスは面が大きく厚みがないので、割れやすいといえます。
たとえば、飛び石などで少しダメージを受けているようなガラスに熱湯をかければ、そこからピキピキと、ひび割れが全体に広がる可能性があります。

効果的な除去方法はどのようなものでしょうか?

液体やスプレータイプの解氷剤を使って落とすことでしょう。
スクレイパー(へら)を使ってこそげ取っていくのも一般的です。
この方法は、傷がつくなどの理由で避ける人もいますが、最近ではメガホン型のスクレイパーなど、やりやすさを考慮したものもあります。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す