写真を撮るときに犬の目が赤くなる理由

写真を撮ったときに犬の目が赤く光るのは、犬の目の中に光を反射する層があるからです。
「タペタム層」と呼ばれるこの層には光を反射させて暗闇でも周囲を見やすくする働きがありるためで、フラッシュなどの強い光が当たると目が光って見えます。

犬の体の仕組みを知ることができる雑学ですね。
ちなみに色が赤くなるのは網膜の後ろの毛細血管の色が反射するためで、タペタムが本来持っている緑の色素に光が反射した場合は緑色や青色に光るそうです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す