低燃費のタイヤ

低燃費タイヤをご存じですか?

「低燃費タイヤ」という言葉ご存知ですか?
車の利用されている方は、一度ぐらい耳にされたことがあると思います。
では、低燃費タイヤの内容や条件はご存知でしょうか?
日本能率協会総合研究所のアンケートによると、「内容・条件を知っている」と答えた方は約5%しかいないそうです。
一番多い回答は「名前のみ知っている」と答えた方で57%と、半数以上の方が名前だけ知っているという結果が出ています。

低燃費タイヤの定義

低燃費タイヤの定義は、JATMA(日本自動車タイヤ協会)のタイヤラベリング制度において、転がり抵抗係数が「A」以上、ウェットグリップ性能が「d」以上のタイヤが【低燃費タイヤ】と認定されます。
低燃費タイヤには、上記ラベルの一番左部分に表示されている低燃費タイヤマークがつきます。
例えば転がり抵抗が「B」だった場合には、この低燃費タイヤマークがつきません。

■転がり抵抗とは?■
----------------------
車は走る、曲がる、止まるといった基本的な動作を行うために、タイヤと路面で起こる摩擦力を利用しています。
しかし、この摩擦は走行抵抗のひとつである「転がり抵抗」となり、抵抗係数が高くなると燃費悪化の原因となります。
この転がり抵抗が低いと良く路面を転がるので、同じ燃料の量でも遠くまで走ることができます。

■転がり抵抗が少ないと車が止まらないのでは?■
----------------------
確かに、転がり抵抗の低減を追求するとタイヤのグリップ力は低下します。
タイヤメーカーはこの相反する2つの性能を、様々の技術を使用し工夫することで、燃費性能を向上させながら、高いグリップ力を確保できるように開発を行っています。

タイヤ公正取引委員会のデータによると、一般市街地走行においてタイヤ燃費寄与率は7~10%となっています。
タイヤの燃費への寄与率を10%と仮定した場合に、転がり抵抗を20%低減したとすれば、自動車の燃費は2%向上することとなるそうです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す