今日のことば(36)「教師はロウソクのようなもの。………」

◎ 教師はロウソクのようなもの。みずから燃やしつくして、生徒を啓発する。

ルーフィニィ(イタリアの作家)

 19世紀イタリアの作家G・ルーフィニィが、教師の理想像をたとえて言ったものである。あたかもローソクを燃やしつくすように、自分の全人格、全知識を生徒にかけることができれば、それこそ教師の本懐といえるであろう。

 そのためには、単なる知識の切り売りではすまされない。アメリカの物理学者アインシュタインも言うように、「独創的な表現と知識の喜びを喚起させるのが、教師の最高の術である」となれば、なかなか困難な仕事であり、またそれだけにやりがいのあるものといえよう。

 教師の情熱はそのまま生徒に伝わる。ロウソクは燃え尽きても、その残像はいつまでも生徒の胸から消えずにいることであろう。かつて世話になった恩師をたたえ、感謝の念とともにこの言葉を贈りたい。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す