世界中にはちょっと面白い犬関連のルールがある

世界には犬の飼い主さんに対する面白い規則があります。
例えばスイス、ドイツ、オーストリア、オランダ、フィンランド、チェコなどでは飼い犬がいる場合、市民税に値する税金を納める必要があります。
中国では税金ではありませんが犬の登録に費用がかかります。

また、ヨーロッパには犬の飼い主さんに対して厳しい罰則があります。
例えばイタリアでは1日3回の散歩を怠ると約5万円の罰金が課せられますし、散歩をする時のリードの長さは最長1.5mまでと決められています。
スイスでは路上に犬のウンチを放置した場合、約25万円の罰金を払わなくてはなりませんし、スペインでもウンチ放置には約20万円の罰金があります。
現在の日本には犬税もなく、飼育上の不届きに罰則があるわけではありませんが、海外のように罰則を強化して飼い主さんのモラルに訴えようという声は上がっているようです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す