一人暮らしは天国か、はたまた地獄か=生かされている意味さがし(71)

71 一人暮らしは天国か、はたまた地獄か=生かされている意味さがし(71)

老後で考えるのは、夫婦でどっちが先に居なくなるか(亡くなるか)ということです。

先日の記事で、「先に死んだ方が幸せか、一人残って生きていくほうが幸せか」というようなコメントがありました。かなり難しい選択ですね。

一般的には、亭主が先に死んだ方が、自分も妻も幸せ! ということなのですが……。

本日、妻は孫子と上京していて不在。久しぶりの一人の時間であります。仕事が終わって少なくともこの時間から明日の夕方、妻が戻って来るまでは自由な時間です。

とはいっても、翌日の仕事も考えれば、明日の朝会社に出勤するまでの十二時間にも満たないわずかなゴールデンタイムをどう料理してくれようか、と思うのです。退社時間が近くなるとソワソワしている自分が分かります。

さて、いざスタート。財布の中の小遣いは限られているから「羽目」の外し方にも限界はある。

下世話な話でデリバリーヘルスなんて未体験ゾーンもあるが、やり方も分からないし、対応の仕方も聞いたことがありません。何よりも、「この歳で、結局考えることは短絡的な三大欲の充足だけかぁ~」と自分に嫌気がさしてきて、即座にパスとなります。

普段いかないパチンコ屋にでも行ってみようか?! と考えてはみたものの、十何年も前でしょうか、玉で一杯になった箱を持って移動してたら店員に、「お客さん、そっちからこっちへの移動は駄目でしょう」と怒られて挫折。

どうやら機種によって移動が制限されているらしいのです。「くそォ! 職場で上司に怒られて、憂さ晴らしに来たパチンコ屋の店員にも怒られるのかよォ!」ということでこれも却下。

もともとこういうことしか考えられない脳のレベルは、永い間妻にいい意味で矯正されてきた証なのだから、諦めるしかありません。

本題に戻すと、こういう夫婦の機微の中で、娑婆(しゃば)と同じように、あの世でも一緒に暮らす」ということが判ればどっちが先でもいいのだけれど、どう考えても妻が蓮の上で優雅に暮らしているとき、自分は「血の海地獄」か「針の山」で喘いでいるかも知れません。

いやいや、生まれ変わって妻はまた人間になって裕福に暮らしているのに、自分はその家の犬でも猫でもなく、庭先の茂みの中のバッタになって鳥や蛇に食べられないか毎日怯えて生きているかも知れないのです。

と、これが最後の人間界だとすると、妻よりちょっとは長生きしたいと思ってしまいます。これが結論かなとも思いますが、現在も壮健な親父の一人暮らしを見ていると、食事・洗濯でも大変なのに、町内会の当番が回ってきたり、振込詐欺への「丁寧な対応」もあったりと、意外と大変な状況がみてとれます。

やっぱり気持ち良く先に送ってもらった方がいいかなぁ~。

ところで前述の顛末はというと、本屋の立ち読み後、一人で鰻丼(半身)か鰻重(一匹)にしようか考えた挙句、「清水の舞台」から飛び降りてしまって鰻重食べて帰宅。結局、三大欲の一つ食欲を満たして短い自由時間は終了したのです。

さらに話には続きがあって、朝早く目が覚めてゴミ出しを終えて、妻の代わりに神棚と仏壇の水・お供え物を替えて、線香の匂いに送られながら会社に向かったのであります。

003老後はどっちが先かなんて考えるより目の前の「日々是好日」、これが一番幸せかも……。

〈松谷範行氏著作:「生かされている意味さがし」より〉

この記事はブログ管理者からの無理な申し出を、筆者から受け入れて頂き掲載しているものです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す