レジャー運転時の事故を防ぎましょう!

高速道路では、死亡事故に占める観光目的事故の割合が7月から激増します。

高速道路走行では観光やレジャー目的の車が増え、浮ついた気分から軽率な運転操作をするケースも増えると考えられます。
また、一般道路における観光等目的事故の時間別・路線別発生件数では、国道での14時~17時の時間帯に事故が多発しているという特徴があります。
旅行計画に無理があったりすると、午後の時間帯はドライバーの疲労がかさみ、居眠り運転やうっかりミスを起こしやすいので注意が必要です。

楽しい家族との夏休みやレジャーが悲惨な事故処理に終わらないよう、余裕のある運転に努めて、無事故・無違反で過ごしましょう。
また、業務で運転する機会のある方は、この時期には観光目的で走行する車が増えていることを自覚し、とくに他府県ナンバーの車両の挙動には十分に注意してください。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す