リスはペットとしてなつくの?

春先にペットショップでリスの赤ちゃんを見かけると、かわいさのあまりすぐに「飼いたい!」と思いがち。でもメジャーなペットでないので情報が薄く飼育するのに心配なことがいっぱいになりますね。

全種類のリスに当てはまる訳ではないですが、基本リスは単独行動しています。それなので縄張り意識と自己主張が強いです。気質は穏やかですが複数で飼育する場合同じケージでは喧嘩をすることが多くあります。繁殖目的でないのであれば単独で飼育をおすすめします。

手乗りリスを目指すならあかちゃんの頃から育てるのがポイント。赤ちゃんリスは未熟のためペレットなど食べられないので、ミルクや補助食を与えます。その時に手から与えるので視覚のいいリスは「これはおいしいものをくれるもの」と認識し人の「手」に懐くのです。
それなので成長してからも手に乗ったり、肩に乗ったりと人に警戒心を持たなくなります。

声を掛けるように育てれば声に反応もします。「おいで」と呼べば近づき、「ゲージへ」と伝えれば入るリスもいます。ただ、個体で性格も知能も千差万別なので無理強いはしないこと。性格をよく見極めて接しましょう。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す