ランボルギーニ V8 V10シリーズ第二弾!ランボルギーニ ジャルパ

1024px-Lamborghini_Jalpa_front
ジャルパ(Jalpa )は、ランボルギーニが1981年から販売していた2座席のミッドシップカーである。

1981年ジュネーブショウで発表された。
シルエットをベースにしており、ボディデザインはベルトーネによる。
エンジンはDOHCのV8で、ボアφ86mmのままストロークを75mmに伸長することにより排気量3,485ccに拡大し圧縮比9.2で255馬力/7,000rpm、32kgm/3,500rpm。
そもそもは2+2のウラッコがそのルーツであり、そのリアヘビーさと前後ストラットの足回りから、極太のリアタイヤをもってしてもとてもコントローラブルとは言い難かったようである。
ルーフを外しオープンにすることができるがルーフはフェラーリ・ディーノなどと比べてはるかに重く、1人での脱着は難しい。
またラジエーターのファンスイッチが手動である。
総生産台数は179台。

*ウィキペディアより引用させて頂きました。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す