ランボルギーニ特集5

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ディアブロは世界中で大ヒットを博した1970年~1980年代の名車「カウンタック」の後継車種でもある。
空気抵抗を意識した低い車高とシザードアといったカウンタックの特徴を踏襲した。
前期型はカウンタック同様にリトラクタブル・ヘッドライトを採用したが、終日ヘッドライト点灯を義務づけにした国・地域が出たため、後期モデルでは日産・フェアレディZ(Z32)と同形式の部品を装備し、固定式ヘッドライトとなった。
もともとこの流用はユーザーによる私的な改造として始められたものだが、それを見たランボルギーニの関係者によって正式採用された。
ヘッドライトユニットにNISSANのロゴがあるため、ライト上部に付けられた眉毛のようなカバーで隠されている。
後継車はムルシエラゴ。

*wikipediaより引用させて頂きました。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す