ライオン狩りにも使われた犬種の面白い特徴

ライオン狩りにも使われた「ローデシアン・リッジバッグ」の面白い特徴とは、首から尾の付け根にかけて、毛の生えている向きが逆になっているんです。

「リッジバック」とは「逆毛」の意。
ローデシアン・リッジバックの背中の部分は逆毛になっていて、犬種名の由来となっています。

また、ライオン狩りにも用いられるほどの大きな体を持ち、「アフリカン・ライオン・ハウンド」という別名も持っています。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す